子どものための技術講座 UDEMAE

子どものための技術講座
「UDEMAE(ウデマエ)」この秋、開校します。

ものづくり工房「中原工房」は、スタート時の2015年春から木工を主としたワークショップを開催してきました。中でも、お子さまを対象としたワークショップは人気が高く、参加したお子さまはもちろん、保護者の方々にも非常に好評をいただいております。
その背景には「自ら創造できる人になって欲しい」「技術を持てる人材に育って欲しい」という保護者の方々の思いがあり、「成長過程で、ものづくり体験をさせたい」という強いご要望があることを実感しました。
そこでこの秋、子ども向けワークショップの内容をより充実させ、木に関する知識(木育(もくいく))や、道具・機械の使い方を習得し、木材を使用した実用的な家具づくりを学べる技術講座「UDEMAE」を開校することになりました。

ものづくり初めてさん大歓迎! 第1期生を募集します。募集終了

※2期生募集に関しましては、改めて周知いたします。

~募集要項~

対象・募集定員 小学校3-6年(5名)/中学校1-3年(5名)
会場 中原工房:川崎市中原区下新城2丁目1-8
開校日時 第1期生:11月14日(火)スタート予定
毎週火曜16:30-18:30(2月下旬終了、全16回予定)
入会金 4,000円
月会費 6,000円/月4回開催(テキスト・材料費込)
応募締め切り 11月8日(水) ※募集定員に達した時点で終了とさせていただきます。
申込方法 電話、メールでお問い合わせください。
tel: 044-755-4105 / mail: koubou@jecto.co.jp

 
 

技術講座「UDEMAE」が目指すこと

  1. 道具の使い方や手入れを習得することで「ものを大切にする心」を養います。
  2. 実技を通して「ものをつくる技術」を養います。
  3. 工房というものづくりの現場で「集中力や創作意欲」を養います。
  4. ものづくりを通じて「人と協力できる姿勢」を養います。
  5. 作品をつくり上げることで、ものごとをやりとげる「自信」を養います。
  6. 木育を通じて「地球環境への視点」を養います。

 
 

技術講座「UDEMAE」のポイント

●各カリキュラムは4か月単位。気軽にスタートできます
各カリキュラムは4か月で完了いたしますので、お子さまの課外活動やご家庭のご予定に合わせて受講できます。

●「お兄ちゃんと弟」のように助け合う
対象は、小学校3−6年、中学校1−3年。
同じクラスに年の離れたクラスメートもいます。「年下の子は年上の子に教えてもらう」
「年上の子は年下の子をリードしてあげる」そんな経験もできます。

●道具の使い方~デザインまで
カリキュラムは、STEP1~3に分けられ、実技を中心にデザインまで学ぶことができます。
作った作品は持ち帰って、ご家庭で楽しんでいただけます。

●中原工房のスタッフだから安心
インストラクターは、ワークショップ運営経験が豊富な中原工房のスタッフです。お子さまが安全な環境で、安心して学べるような雰囲気づくりをすすめてまいります。

●ワークショップ参加料と変わらない低価格
1回の参加料は、約2,000~2,300円。ワークショップ1回の参加料と大差ない低価格で木工技術が学べます。
 
  
~川崎市Wood-Education推進事業~
川崎市では国産木材の利用促進の一環として、木に対する理解を深める「木育」事業や、木工技術を普及させるための技術講座など、国産木材利用に関する幅広い人材育成に取り組んでいます。
この講座は川崎市Wood-Education推進事業の一環として行うものです。

運営:ジェクト株式会社 
〒211-0053 川崎市中原区上小田中6-20-2 TEL:044-755-2525 FAX:044-751-6327