2017年7月1日、等々力スタジアムの児童公園広場にて川崎フロンターレの試合前に「川崎ものづくりフェア」に参加いたしました。

2回目の参加となる今年のアイテムは、ナチュラルな木のパーツを組みあわせてオリジナルの操り人形「カブレラマリオネット」が簡単に作れるワークショップを開催!

フロンターレの人気キャラクター「カブレラ」をテーマにした会場では、参加企業各社がサッカー場に来るサポーターに楽しんでもらうため、カブ関連アイテムが盛りだくさんで!作って、遊んで、記念撮影できるDIYアイテムを開発。ご用意した90セットもほぼ時間通りに完売し、ものづくり体験を満足してもらうことが出来ました。

その夜のフロンターレの試合はヴィッセル神戸に5-0と快勝し、等々力競技場は幸せな空気に包まれていました。

これをきっかけに中原工房に関心を持たれた方は、ぜひ一度見学がてらお越し下さい!

ご好評につき、9月16日(土)に武蔵小杉のコスギパークで開催されるイベントにも、マリオネットがご提供できるよう準備しているところです。詳しくはWeb・Facebookなどでお知らせいたしますので、気になる方はチェックしておいてください!

事前のポスターPRの効果もあってスタート前の整理券配布で半数以上の予約が入りました。

つくる時は真剣!完成後は皆さん笑顔です。

フロンターレも快勝!

ライティング by 工房スタッフの熱烈フロンターレサポーター